2016年9月30日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS

新版人権行動計画の6大注目点

【「国家人権行動計画(2016~2020年)」を発表】【国務院新聞弁公室が白書「中国の司法分野人権保障の新たな進展」を発表】

5.89億人が旅行に行く国慶節 穴場スポットを紹介

【国慶節旅行ビッグデータ予測発表 今年は自然の景観が人気に 】【国慶節の旅行先、日韓が依然人気 海外旅行が人気の理由とは?】【国慶節控え、市内各地にフラワーアート登場!北京の街並みあざやかに】

最新の主要ニュース

アクセスランキング

麗しき大地・中国

100日本円人民元

  • 換算
  •   
  • 山芋とスペアリブとレンズ豆のスープ

    材料::新鮮な山芋2本、白扁豆約30~50グラム、スペアリブ500グラム、生姜2かけ(3~4人分)。

  • マンゴーと牛肉の甘酢炒め

    材料::マンゴ―1個、牛肉100グラム、生姜30グラム、刻んだ白ネギ15グラム、にんにく15グラム、甘酢ダレ(チューブ)30ミリリットル、塩、砂糖、醤油、唐辛子、ピーナッツ油を各適量

prev next

指導者関連記事

習主席 B20開幕式で基調演説 ▼詳しくは左図をクリック習主席 B20開幕式で基調演説详细 李克強総理が国家水害・干ばつ対策総指揮部を視察 ▼詳しくは左図をクリック李克強総理が国家水害・干ばつ対策総指揮部を視察 張徳江全人代常務委員長、韓国を公式訪問 朴大統領と会見 ▼詳しくは左図をクリック張徳江全人代常務委員長、韓国を公式訪問 朴大統領と会見 兪正声主席が日本の河村建夫衆議院議院運営委員長と会談 ▼詳しくは左図をクリック兪正声主席が日本の河村建夫衆議院議院運営委員長と会談

特別企画

中国と共に生きる公式ブログ 北京の空は何色?東京発ニュースエクスプレス
 東京在住スタッフによる特別インタビュー、評論、エッセイなどを紹介する企画。 東京在住スタッフによる特別インタビュー、評論、エッセイなどを紹介する企画。
卓球親善試合「2016在日中国企業協会-工商銀行杯」が東京で開催
卓球の親善試合「2016在日中国企業協会-工商銀行杯」が24日、在日本中国大使館で開催された。在日の中国企業、メディア機構、使館などから来た中日の卓球愛好者約100人が、「友誼が一番」の精神を抱き、試合では卓球の腕前と在日華人の団結精神を披露した。
第2回日本人気ブランド展示会開催 中国人訪日客の買い求めるものに変化が
第2回日本人気ブランド展示会が9月24日、東京・秋葉原で開かれ、有名化粧品ブランドの資生堂を含むメーカー30社近くが出展した。
 居心地良い日本を離れ、中国で生活する理由とは何か?本番組は在中日本人の生活や仕事を通して、中国の真実の姿を伝える。 居心地良い日本を離れ、中国で生活する理由とは何か?本番組は在中日本人の生活や仕事を通して、中国の真実の姿を伝える。
北京で暮らすバレエ講師・竹田舞子「バレエの喜びを子供たちに」 
中国では、子供に習い事をさせるのが日本よりも熱心といわれ、北京市内にも音楽や水泳、絵画や外国語など、様々な子供教室が開講され活況を呈している。バレエや体操といった教室も人気で、今回は北京で講師として中国や日本をはじめ各国の子供たちにバレエの指導に励む竹田舞子さんをご紹介したい。
「中国人になった」日本人ドラマー ファンキー末吉さん
中国のロックミュージックが誕生して今年で30年を迎える。今回は、中国ロックの黎明期に北京を訪れ、四半世紀にわたって中国ロックの発展に貢献し、外国人でありながら中国ロックの歴史に名を刻む日本人ドラマー、ファンキー末吉さんをご紹介したい。
 日本で活躍する中国企業・機構の代表者へのインタビューを通し、日本市場における発展の歩みや今後の展望について考える。 日本で活躍する中国企業・機構の代表者へのインタビューを通し、日本市場における発展の歩みや今後の展望について考える。
東京中国文化センター石主任「交流で文化を伝える」
文化は国の実力を体現するものとみなされている。中国の国力が発展を遂げている今、中国文化は海外でどのように伝えられているだろうか。東京中国文化センターの石軍主任は中日両国の目下の文化交流について話してくれた。
国家観光局駐日事務所:若者に向けた日本観光促進事業を展開
日本は中国の人気的な旅行先の一つとなっている。日本人も中国の観光業の主要な市場の一つだ。今回、中国国家観光局駐日事務所の張西竜代表を訪ね、現在の中日観光交流事業の現状や中国の観光資源の日本での普及について聞いた。

リンク |

在日本大使館 日中友好協会 中国国際放送局 チャイナネット 人民中国 北京週報 東方網 新華網 中国の日本人 日本の中国人 東北サイト日本語 Panda杯全日本青年作文コンクール