ヘッドラインニュース    2000.09.19

 
特 集 リンク
Service 広 告
ホームへ

朱鎔基総理、日本の村山富市元首相と会見

  国務院の朱鎔基総理は18日、中南海で日本の村山富市元首相と会見し、双方は中日友好協力関係の発展について和やかな雰囲気の中で意見を交換した。

  朱鎔基総理は「村山元首相は日本政府を代表して、初めて侵略戦争を公式に認め、関係国の被害者に謝罪した首相であり、我々はこれを高く評価している」とした上で、「中日関係は全体的に良好だが、同時に我々は両国関係の発展の過程で現れる一部の問題についても重視していかなくてはならない。そのために中日双方は相互理解と相互信頼をさらに強化し、一部の具体的問題が両国関係の大局に影響を与えることのないようにしなくてはならない」と述べ、「中日友好は(両国関係の)大局であり、両国は歴史から教訓を学び、次の世代を教育し、友好関係を後世まで伝えていかなくてはならない」と強調した。

  これに対して村山元首相は「私が首相在任期間に日本政府と日本国民を代表して行った歴史問題に対する表明は、日本が当然しなければならないことだ。日中間の歴史問題は重視されるべき問題で、過去の歴史を反省しなければ、現在や未来をはっきりと見据えることはできない。中国人はよく『前の経験を忘れず、後の教訓とする』という言い方をする。日本政府は若い世代に対する歴史問題教育を重視し、両国国民の相互理解と相互信頼を深めていかなくてはならない」と語った。

  「人民日報海外版」2000年9月19日1面

 


何厚か行政長官が訪日
五輪体操男子団体、中国が初の金メダル
第1回アジア諸国政党会議が開幕
雑誌『両岸関係』、台湾当局の危険な「選択」を警戒
2008年五輪招致:環境整備のために178億米ドルの投資を計画

HOME

click here!


info@peopledaily.co.jp
このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Copyright(C) People's Daily