ホームページ ブックマーク サイトマップ 中国語版 英語版 過去
検索説明
関連ニュース
  更新時間:2002年07月20日11:14(北京時間)

先天性障害児、中国で毎年80〜120万人が出生

  衛生部は19日、先天性障害児の出生率を2010年までに先進国の水準に抑制するための行動計画を発表した。

  衛生部と中国障害者連合会はこのほど、先天性障害児の出生率を抑制し、国民資質を高めるための行動計画を発表。神経管閉鎖障害や先天奇形の児童の出生率を、2010年までにそれぞれ30%、70%以上引き下げていくことを目指す。

  中国では毎年、肉眼が確認できる先天奇形の児童が20〜30万人生まれており、出生後数カ月あるいは数年で発症する先天性障害児を含めると、その数は80〜120万人に上り、総出生数のおよそ4〜6%に達している。

  「人民網日本語版」2002年7月20日

       ML中日網橋     自由発表



広告 サービス リンク集 ブックマーク 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
info@peopledaily.co.jp
Tel:日本 (042)540-3610  北京 (010)6509-2289