2012年6月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:02 Jun 05 2012

学者:2012年、日本は一層の動揺期に入る

「週刊!深読み『ニッポン』」第1回

 2012年に入ってもなお日本は地震、津波、原発事故の暗い影から抜け出せずにいる。統治能力の欠落と手の打ちようのない経済のため、日本は喪失の中、模索を続けている。(文:陳言・日本企業研究院執行院長)

 新年早々、野田首相は国家の存亡がかかっているとばかりに、消費税税率引き上げの断行姿勢を示した。1997年に橋本龍太郎内閣が消費税率を引き上げたことで、好転の兆しが見え始めたばかりの日本経済が頓挫し、長い低迷期に入ったことを野田首相は何一つ知らないようだ。日本が現在抱える大きな問題は経済の低迷だ。野田内閣は消費税引き上げの動きによって橋本内閣の轍を踏み、日本経済はさらに深いレベルの低迷に入る可能性が高い。

 ■消費税引き上げの影響は地震や原発事故を上回る

 東日本の多くの地域は東日本大震災からの復興に数年を要する。原発事故は基本的処理の完了までに30~40年必要だ。地震と津波による損害は、日本の1年間の税収の半分に相当する20兆円に上る。原発事故の処理はまだ本格化していない。初期の原発周辺住民への民事賠償、除染費用だけで年1兆円を要するし、最終的処理には数十~100兆円の支出が必要になると見られる。地震、津波、原発事故の影響の除去には時間を要し、巨額の財政支出も不可欠だ。

 現在日本は高齢化と出生率低下による年金・医療保険制度の維持難という深刻な問題も抱えている。数年も経たずにこうした制度は行き詰まり、約束した年金額を給付できなくなり、医療保険の水準も下がる可能性があると、多くの学者は予測している。日本は直ちに財源を補う必要があり、民主党内閣の焦りも理解できる。

[1] [2] [3] [4]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古