人民网首页

プーケット沖沈没事故

17:45, July 05, 2018プーケット島沖の海域

現地時間5日午後5時45分ごろ、「フェニックス号」と「エルサ号」がプーケット沖の海域で突然暴風雨に見舞われ、転覆・沈没した。「エルサ号」に乗っていた42人は全員無事救助された。「フェニックス号」には101人が乗っており、中国人観光客87人のうち40人は救助され、47人が死亡した。

最新ニュース

47人が犠牲となった「フェニックス号」沈没事故 船主が出頭するも容疑否認

過失により他人に重傷を負わせ、生命の危険をもたらしたとして、タイの遊覧船「フェニックス号」の女性船主(26)が、警察によって指名手配リストに組み入れられ、その後出頭した。「フェニックス号」は、プーケット島沖の海域で転覆・沈没し、中国人47人が犠牲となった。[一覧へ]

社会・生活

プーケット遊覧船沈没、救援作業全て終了 最後の犠牲者の遺体引揚げ終わる

中国・タイ連合潜水・引揚作業チームは、数日に及ぶ作業を経て、プーケット沖遊覧船転覆・沈没事故で最後に発見された中国人犠牲者の遺体の引き上げ作業を、現地時間15日午後6時35分に無事終了した。中国新聞社が報じた。[一覧へ]

社会・生活

タイ政府が遊覧船沈没事故被害者に賠償金の支払を開始

タイ王国政府の担当者は12日昼、プーケット沖で発生した遊覧船転覆・沈没事故の救援状況に関する記者会見において、タイ政府と保険会社が同日午後、犠牲者の遺族と事故に巻き込まれた乗客に対する損害賠償金と慰謝料の支払手続きを開始したことを明らかにした。タイ海軍は同日、天気と海流の関係で、最後の犠牲者の遺体をこの日のうちに引き揚げることができなかったとしている。[一覧へ]

社会・生活

プーケット沖沈没事故 最後の行方不明者の遺体発見

タイ・プーケット県のノラパット・プロートーン知事は、11日午後に行われた遊覧船沈没事故の救援状況に関する記者会見において、タイと中国が協力して救援活動を続ける中、同日午後、「フェニックス号」の乗客とみられる1人の遺体を発見したことを明らかにした。これで、今回の転覆・沈没事故の犠牲者47人の遺体が全て発見されたことになる。[一覧へ]

社会・生活

タイ・プーケット沖沈没事故で中国人の死者45人に 責任者すでに逮捕

タイの人気観光地プーケット沖で、中国人観光客らを乗せた遊覧船が転覆・沈没した事故で、プーケットの地元当局は10日の記者会見で、漁民のサポートの下、3遺体を新たに発見したことを明らかにした。事故の行方不明者と見てほぼ間違いないという。[一覧へ]

社会・生活

海で自分の命を守るには

中国海上捜救センターが発表した「救命に関する常識」には、海で遭難したとき、船上の乗客が自分の命を守るための方法として、いくつかの重要ポイントが記されている。人民網が報じた。[一覧へ]

社会・生活

外交部がプーケット沖沈没事故の最新情報発表 実際に乗船していたのは122人

中国外交部(外務省)の華春瑩・報道官は、9日に行われた定例記者会見において、タイ・プーケット島沖で生じた遊覧船沈没事故の救援活動に関する最新情報を紹介した。それによると、遊覧船2隻の乗客名簿にあった中国人計127人のうち、5人は実際には乗船しておらず、乗っていたのは122人だったことが確認された。[一覧へ]

社会・生活

沈没した「フェニックス号」引き揚げ条件はまだ整わずとタイ海軍関係者

タイ海軍などタイ側の救援チームは、8日も引き続き、中国側の救援隊と力を合わせ、遊覧船「フェニックス号」が沈没したプーケット島沖の海域で捜索活動を行っている。タイ海軍の関係者によると、「フェニックス号」を引き揚げるための条件は、現時点ではまだ整っていないという。[一覧へ]

社会・生活

プーケット沖沈没事故に中国が専門家と装備を派遣

メディアの報道によると、在タイ中国大使館はタイのプーケット沖で船が転覆、沈没した事故による犠牲者数が8日午後現在で42人に達し、行方不明者はまだ14人にのぼることを確認したとしている。科技日報が伝えた。[一覧へ]

科学技術

習近平国家主席 プーケット島の遊覧船転覆で重要指示

7月5日午後6時45分頃、中国人観光客らを乗せた遊覧船2隻がタイ・プーケット島近くの海上で突然の暴風雨に襲われ、転覆した。現時点で、乗船していた中国人観光客127人のうち、16人が死亡し、33人が行方不明となり、78人が救助され、負傷者は現地の病院で手当を受けている。[一覧へ]

政治

タイのプーケット島遊覧船沈没事故で中国人観光客41人の死亡確認

タイのプーケットで、事故発生海域へ捜索のため出動するタイ軍の船(7月8日、撮影・秦晴)。 タイのプーケット沖で中国人観光客らを乗せた遊覧船が5日、転覆・沈没した事故で、在タイ中国大使館は8日午前9時までに中国人観光客41人の死亡を確認したことを明らかにした。これにより計42人の死亡が確認されているほか、現在もまだ15人が行方不明となっている。[一覧へ]

社会・生活|写真|社会

プーケット島で遊覧船転覆 観光客17人死亡、いまも行方不明者多数

中国と欧米からの観光客約140人ちかくを乗せた遊覧船3隻が5日午後5時45分ごろ、プーケット島に戻る途中で突然の暴風雨に見舞われ、コーラル島やマイトン島付近などで転覆した。プーケット海事局と水上警察は、「6日未明の時点で、今回の転覆で中国人観光客1人が死亡、中国人観光客76人が救助されたほか、安否確認が取れていない人が数十人に上っている」と発表した。[一覧へ]

社会・生活|写真|社会

プーケット島の遊覧船転覆事故 16人死亡、33人行方不明

ワチラプーケット病院では、中国人観光客の家族が安否情報を確認するのをサポートしていたボランティア。(撮影·張志文) タイのプーケット島で中国人観光客らを乗せた遊覧船が転覆した事故で、在タイ中国大使館の李春林参賛兼総領事は6日大使館のチームを率いて現場に赴き、在ソンクラー中国総領事館の靳儀麟・副総領事が率いる総領事館チームとともに、救援指揮センターでプーケット市長、タイ運輸省の副大臣、軍の責任者と会見した。人民網が伝えた。[一覧へ]

社会・生活|写真|社会

海難時の自己救命策