2010年3月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:09 Mar 16 2010

北京、2015年の世界陸上選手権開催地に立候補

 国際陸上競技連盟(IAAF)はカタール・ドバイ時間の15日に会議を開き、2015年の世界陸上選手権開催地に中国・北京、英国・ロンドン、ポーランド・ホジューフの3都市が立候補したことを確認した。IAAFの公式サイトが伝えた。

 IAAFは今年11月に2015年世界陸上選手権の開催地を決定する予定。

 北京市は今年1月、IAAFに世界陸上選手権開催地に立候補する意向を示した。北京市体育局の李晋康副局長は2月の取材時に、開催地に立候補する都市はIAAF の要請に基づき、今年の3月10日までにIAAFに意向書を、8月31日までに詳細な申請資料を提出しなければならないと話していた。9月か10月にIAAFの審議団が各都市を視察、11月下旬にモナコで行われる国際陸上競技理事会で立候補した都市がPRを行い、最終的に役員17人の投票によって開催地が決定する。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年3月16日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古