• 习主席出访芬兰 举行中美首脑会谈
2017年4月7日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

中国のハンセン病快復者村で支援活動を行う2人の日本人

人民網日本語版 2017年04月07日16:13

小牧さんたちが参加したJIAの講演会(一番左、原田燎太郎さん。右から2番目、小牧義美さん)

ハンセン病の元患者である小牧義美さん(86)は、16年前に中国のハンセン病快復者村にやって来て、高齢者の後遺症のケアを行ったり、快復者村の村民や中国のボランティアに日本のケアの方法を伝えるようになった。もう一人の日本人の若者・原田燎太郎さんは、2004年に広州を拠点にする非政府組織(NGO)「JIA(家)」を立ち上げ、主にハンセン病快復者村の村民が自信を持って生活できるようサポートしたり、差別をなくす活動をしたりして、ハンセン病の元患者を支援している。小牧さんと原田さんのこのような活動は、中国と日本の数多くの若者にも影響を与えてきた。今月1日午後、小牧さんはJIAのボランティアと共に北京で講演会を行い、中国のハンセン病快復者村での活動の体験などを語り、来場者を感動させた。国際在線が報じた。

小牧さんは17歳の時にハンセン病を患い、家族と別れて、ハンセン病療養所に収容された。

「私が病気になったことが原因で、兄弟姉妹みんな仕事を失った。そして衛生局の職員が家にやって来て、家の中にある全ての物を消毒し、さらに近所の人に、『この家に近付かないように。ここにはハンセン病患者がいる。ハンセン病はとても恐ろしい伝染病』と伝えた」と小牧さん。

それでも、小牧さんは強い意志と楽観的な姿勢を保った。16年前、小牧さんは中国にやって来て、快復者村の村民や中国のボランティアに日本の後遺症ケアの方法を伝えるようになった。05年3月、小牧さんはJIAの原田さんと出会った。中国のハンセン病快復者村の高齢者たちが早稲田大学を卒業したばかりだった原田さんの心を打ち、原田さんは多くの人のサポートを得て、広州でJIAを創設し、主にハンセン病快復者村の村民が自信を持って生活できるようサポートしたり、差別をなくす活動をしたりして、ハンセン病の元患者を支援している。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント