• 习主席出访芬兰 举行中美首脑会谈
2017年4月13日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

目覚ましい春の中国外交

人民網日本語版 2017年04月13日16:29

一年の計は春にあり。毎年春に中国外交は最盛期を迎える。今春の中国外交も非凡なものであり、往来が頻繁で、レベルが高く、注目点が非常に多い。今春、中国は全方位外交を一層深め、持続的に推進。外交の盛り上がりはアジア、欧州、中東、アフリカ、オセアニア、南太平洋、北米にまで及び、中国外交の4本柱である周辺外交、途上国外交、大国外交、多国間外交をカバーしている。(文:華益文・国際問題専門家。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

周辺諸国の指導者であるミャンマー大統領、カンボジア国王、ネパール首相の訪中は、中国外交における周辺外交の重みを示している。先日の中国・ミャンマー原油パイプラインの正式稼働も中国とミャンマーの親善に彩りを添えた。

アフリカのルワンダ大統領、マダガスカル大統領、サントメ・プリンシペ首相の訪中時に中国側が最も多く語ったのは、中国の「真実親誠」の対アフリカ政策理念及び中国―アフリカ協力フォーラム・ヨハネスブルグサミットの成果の実行だ。

サウジアラビア国王とイスラエル首相を相次いで招待したことは、中東問題における中国の独特な地位と役割を体現している。中国側は中東の多くの問題の根は発展にあり、出口も結局は発展に頼る必要があるとして、貢献の意向を強調した。イスラエルとの革新的・包括的パートナーシップの構築発表は、中国がパートナーシップ構築時に各国の特色を正確に見定めていることを反映している。

中国は年初のフランス、イタリア首脳に続き、今春も欧州のセルビア大統領、ノルウェー首相の訪問を受け入れた。4月初めに習近平国家主席が国家元首として初めて北欧のフィンランドを訪問したことは、中国外交における中国・欧州関係の重要な位置づけをはっきりと示すものであり、北欧と欧州諸国は中国重視の熱意をさらに高めた。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント