2017年5月17日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中国語教室

中国は「一帯一路」沿線43ヶ国と空の直行便を実現

我国已与40多个“一带一路”沿线国家实现空中直航

人民網日本語版 2017年05月17日14:39

 民航局16日发布消息说,目前,中国民航已与43个“一带一路”沿线国家实现空中直航,每周共有约4200个航班;国航、南航、东航等国内航空公司加大对“一带一路”沿线市场的运力投放,新开辟沿线国家航线240条。  

 民航局发展计划司司长王长益在新闻发布会上表示,截至2016年底,我国已与120个国家和地区签署了双边政府间航空运输协定。其中,“一带一路”沿线国家占一半以上。 

 他说,近年来,随着这些航线的开辟,“一带一路”国际客运量在国际旅客中的占比呈逐年提升的态势,已从2015年的39.8%提升到2017年1至4月份的47.1%。

中国民用航空局が16日に発表したところによると、中国民間航空産業はこれまでに「一帯一路」(the belt and road)沿線の43ヶ国との間で空の直行便を開通させており、1週間の便数は約4200便に上る。中国国際航空、中国南方航空、中国東方航空をはじめとする国内航空各社は沿線国家市場への輸送力拡大のための投資を進めており、新たに240路線を開通したという。

同局発展計画司の王長益司長は記者会見で、「2016年末現在、中国は120ヶ国・地域との間で二国間の政府間航空輸送協定に調印している。そのうち『一帯一路』沿線国が半分以上を占める」と述べた。

王司長は、「ここ数年来、こうした航空路線の開通にともない、『一帯一路』路線の旅客輸送量が国際路線の旅客輸送量全体に占める割合が徐々に上昇し、2015年の39.8%から17年1~4月は47.1%に上昇した」と述べた。

「人民網日本語版」2017年5月17日

 

コメント

最新コメント